伊岡 瞬。 『代償 (角川文庫)』(伊岡瞬)の感想(319レビュー)

伊岡瞬 おすすめランキング (83作品)

2005年 - 「約束」で 第25回受賞。 ラストの真相には衝撃を受けました。 そんな人でも、耳は意外と時間が空いているものです。 もしあなたがまだ、をよんだことがなければ、ぜひ読んでみてください。 穏やかに見せかけて、 実は短気だと周囲の人から 性格を読まれてしまっている 賢一は、 少し気の毒にも思えてきます。 1つ目、火事の後、が行われた母の遺体の中に情交の跡があり、体内に入っていたがO型であった。

>

伊岡 瞬 冷たい檻

当然ながらある程度の資料にあたりましたが、出会った記憶がありません。 過去のトラウマが牙になる怖さ 最終的に、犯人は、妻の倫子の妹である 「優子」。 新作が楽しみですね。 心を揺さぶられる圭輔ですが、裁判の日は容赦なくやってくる。 そこへ、遠縁の道子とその子供である達也が引っ越してくる。 とにかく謎がたくさん降りかかり、読むものを混乱させる小説だと思います。

>

伊岡瞬『悪寒』感想とあらすじ!おすすめのイヤミス作品

妻とも、娘ともぎくしゃくし、悶々としながら仕事をする日々。 Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!. 「ご家族の中で、もっとも愛が欠落していたのは、あなたじゃないでしょうか」 失って初めて「自分が妻を、家族を本当に愛していなかった」という事実を痛感し、反省する賢一。 作家になる前は、 広告会社に勤務 していました。 常務を殺したのは、 いったいだれなのか? 本当のことを話しているのは、 いったいだれなのか? 結末は、 ちょっとゾッとするような 人間の怖い一面が浮き彫りになり、 最後の最後まで 目が離せない展開です。 嫌ミスとも思える第一部に対し第二部は、思春期の関係を断ち切れずに、悪魔的犯罪者と主人公が法廷で争うリーガルミステリーとなっている。 代償(2016年11月18日よりで配信、主演:) 脚注 [ ]. 慌てて東京に戻ろうとした 賢一の元に、 今度は警察を名乗る男から の電話が入ります。 春輝と行動を共にする強面の男・鶴巻。

>

伊岡瞬

その憎悪が大人になってさらに膨れ上がっていき、何とかして倫子を不幸にしたいという欲求に駆られてしまう…。 圭輔が行動を共にする達也への疑念。 『代償 角川文庫 』や『悪寒 集英社文庫 』や『いつか、虹の向こうへ 角川文庫 』など伊岡瞬の全14作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。 実は、あの火事のあった日、圭輔は煙草に火をつけていた。 それに大幅に手を加えました。

>

『代償』/伊岡瞬/あらすじ・ネタバレ・感想

2019年の 啓文堂書店文庫大賞第1位 に輝いた話題作です。 役:奥山圭輔• 小声 と思ってしまった私の心は 現代の、悪に侵された人間なんだからとことん不幸を望んで当たり前!な偏った正義感を振りかざした人種の一員になってしまったような気がしてなんとも言えない恥ずかしい気持ちにさせられたのもこの作品の力かもしれません。 近著に『不審者』がある。 さて本題です。 警察では道子は秀秋・門田以外の殺害も匂わせており、おそらく死刑が確定する。

>

『赤い砂』刊行を記念して、書きおろし「もうひとつのあとがき」を特別公開! 『赤い砂』(伊岡 瞬)

達也がすぐ近くにいた人間の死は、調べただけで7人いるんだ。 〝家の中でトラブルがありました〟 意味深な言葉から始まるメールは、 妻が送ったとは思えないほど、 要領を得ていない内容でした。 道子と紗弓の証言を併せ有罪へ持っていけるよう圭輔は戦うことを決意するのだった。 気付けば、まるで自分が悪に魅入られてしまったのではないかと錯覚するほど、物語の中にどっぷり浸かっていた。 伊岡瞬 一九六〇年、東京都生まれ。 倫子が起こした事件後は、 力になってくれる弁護士の登場や、 信用できるようで、な かなか本心のわからない 刑事など、 興味深いキャラクターも 登場します。 ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。

>