カワサキ ラインナップ。 カワサキ プラザネットワーク

カワサキのバイクカタログ

のちに海外を拠点とした製造や各国への輸出を経て知名度と信頼を獲得し、今日では日本が誇る4大バイクメーカーの銘を手にしています。 シート高:760mm• 記載の価格は、メーカー希望小売価格 (消費税10%込み)です。 排気量:645cm 3• 車体のネジ一本から人生相談に至るまで、アットホームですらない、既にホームの域に達した当店にお帰り下さい。 お客様におかれましても、マスクを着用いただくなどご協力をお願い申し上げます。 そこで、ネイキッドに端を発しスーパーネイキッド、スーパーチャージャーなど、最新モデルとともに紹介する。

>

Motorcycle 製品ラインナップ

シート高:810mm• ・改良のため仕様および諸元は予告なく変更することがあります。 ZRX1200 DAEG より厳しくなった排ガス規制のため、2008年を最後に生産が終了したZRX1200R。 現在ではW800シリーズとして、スタンダード、ストリート、カフェの3車種がラインナップされている。 1955年にはドイツ車を模範とした実用車・メイハツ125-5を発売。 <カワサキの大型バイクについては。 価格(消費税込み):1,540,000円• 高速道路OK• シート高:785mm• 大容量な燃料タンクを搭載している他、パニアケースなどの専用オプションが豊富で、ツーリングを含めた実用性の高い機能が満載! 2014年モデルからはカワサキ独自のトラクションコントロールシステムである「KTRC」を搭載し、走る路面状況に応じてエンジンパワーのコントロールが可能となっています。

>

KGS・リバーサイド 取扱いモデルラインナップ

シート高:800mm• 【モデル名】KLX230 【モデルカラー】ASIAブルー 【総排気量】232cc 【年式】2020年モデル 【取り扱い状況】車両のご用意可能です。 上位モデルには電子制御技術も惜しみなく投入され、カワサキの最新テクノロジーによる安全性と快適性も体感できる。 クラス最大級のストレージやワイドリアデッキなどにより、マリンレジャーを満喫できるでしょう。 高速道路OK• 初心者の方はスキルアップで運転への緊張をなくすなど沢山の恩恵があります。 ULTRA LXとSX-Rは、グラフィックの変更が行われています。

>

Ninja ZX

シート高:955mm• 排気量:449cm 3 競技用車両は免許が必要ありませんが、公道走行はできません 251~400cc• シート高:790mm• スーパースポーツのような外観を持ちながらも緩やかなポジショニングで、街乗りでも長距離でも日常的に快適に走ることができるバイクです。 しかし100万円超の価格や大型免許など、立ちはだかる壁は高く、きっといつまでも憧れの域を出ないことでしょう。 Ninja 1000 (Z1000SX) 日本・北米などでは「Ninja 1000」と呼ばれ、主に欧州では「Z1000SX」と呼ばれています。 エンジンは並列4気筒搭載モデルと並列2気筒搭載モデルがある。 排気量:998cm 3• > Ninja 250 年々厳しさを増す排ガス規制の強化により、従来の車両は2007年9月以降に生産ができなくなってしまいました。

>

Kawasaki 車両用 最新ラインナップ

これ以降、Ninjaを車名とするシリーズが構成され、並列2気筒の250cc、400cc、650cc、並列4気筒の600cc、1000ccのエンジンバリエーションを持つほか、Z1000をベース車とするスポーツツアラーのNinja1000やスーパーチャージドエンジンを採用するH2も加わった。 車検あり• 排気量:645cm 3• また、2020年5月時点で開発中の250cc並列4気筒エンジンを搭載するZX-25RもNinjaシリーズに加わる予定で、ますますその魅力を高める。 カワサキ Ninja 1000SX(2020) Wシリーズは1966年発売の650W1を祖とするバイクで、シリンダーが直列したバーチカルツインと呼ばれる空冷並列2気筒エンジンを搭載する、クラシカルなデザインが特徴のバイクだ。 シート高:800mm• 160馬力の「JS STX 160X」と「JS STX 160LX」、市販最大の310馬力を誇る「ULTRA 310LX」、NAエンジンの「ULTRA LX」、そしてスタンドアップ「JS SX-R」です。 価格(消費税込み):352,000円• ではいったいその人気の秘密とは何なのでしょうか。 厳密にいえばZシリーズではないものの、1989年発売のゼファーは、Z1のスタイリングとコンセプトを強く意識しており、Zシリーズを語るうえで欠かせない。 また登録によるナンバープレートの取得はできません。

>

Motorcycle 製品ラインナップ

排気量:999cm 3• シート高:855mm• ・撮影に使用しているモデルは一部現行モデルとカラーリングが異なる場合があります。 車検あり• 国内4大バイクメーカーの中では、唯一スクーターを製造・販売していないことでも有名で、「漢(おとこ)カワサキ」というキャッチコピーまで広がるようになりました。 特に2014年に発売された、4代目となるZ1000は「凄み」をコンセプトとした大胆で迫力あるエクステリアも話題を呼んだ。 価格(消費税込み):924,000円• 排気量:998cm 3• 高速道路OK• 北海道• Others• そのNinja 250Rが2013年、ついにフルモデルチェンジ! 「Ninja 250」と名称を変え、日本では2013年2月から販売が開始されると、 わずか3日あまりで日本国内向けの年間販売計画台数を超えてしまうという人気ぶり。 価格(消費税込み):2,156,000円• 派手に目立つことはありませんが、 昔からのオーソドックスなネイキッドスタイルで飽きのこない外観に加え、基本性能の高さ、豊富なアフターパーツなど、バイクという乗り物の楽しさを教えてくれると同時に、乗り手を育ててくれるバイクだと言えると思います。

>