りんご かも しれ ない。 【絵本】りんごかもしれないの内容とシリーズについて。対象年齢は?

絵本「りんごかもしれない」の内容紹介

出版社:ブロンズ新社• そこで、 「U-NEXT」というサービスで 無料で読めるかどうか調べてみました! ちなみに「U-NEXT」とは、映画、ドラマ アニメだけではなく、雑誌、小説、話題の 新刊などが 見放題の動画配信サービスです。 絵本って、世界で一番飽きっぽい生き物が読むもの。 オチも秀逸。 ピクトブック編集部の絵本談議. 創作に及ぼす恩恵は計り知れない。 もしかしたら、実はこれはりんごではない可能性だってあります。 発想豊な子どもになって欲しい。

>

りんごかもしれない【みんなの声・レビュー】

それどころか、男の子の「かもしれない」の妄想は、これまでとは違う方向に展開し始めます。 はなこちゃんがりんごをとってあげて、そこからリズミカルにストーリーが展開します。 この作品の関連記事• 『 りんごかもしれない 』 の主人公の少年やりんご星人が、可愛らしい人形になって登場し、俳優たちと一緒にどんどん想像を膨らませていきます。 「りんご」以降、飛ぶ鳥を落とす勢いで絵本界を邁進中。 990円とは言え、実は 毎月 1, 200ポイン トの付与があるんです! ポイント付与分を考えれば、 実質 790円のよ うなものですし、家族で利用するなら更にコ スパは良くなります。 ほかのヨシタケさんの本も購入しようかなと 思います。 そうならないためには広い視野を持ってあらゆる可能性を考えてみることです。

>

りんごかもしれない|絵本ナビ : ヨシタケシンスケ みんなの声・通販

絵もユーモラスで面白いし、結構シュールな笑いも隠されていて、読みながら大人も笑ってしまいます。 一人でニヤニヤしているのでしょうか。 『りんごかもしれない』の本屋さんのポップがすごくかわいい イラストレータである、この絵本の作者ヨシタケシンスケさんのイラストもすごく可愛らしくてわかりやすい。 人気作家ヨシタケシンスケさんの絵本『 りんごかもしれない 』を原作にした人形劇「りんごかもしれない」の舞台公演が、 3 月 14 日(土)よりプーク人形劇場(東京都渋谷区)でスタートします。 日常生活の何気ない場面も楽しめたらいいのにと思いました。

>

『りんごかもしれない』(ヨシタケシンスケ)の感想(317レビュー)

りんごかもしれないの主人公は男の子です。 「大きなサクランボの一部かもしれない」• 】 【著作権上の問題により、感想は意味を 変えず書き直しさせて頂いています。 4 大きさ、容量等 1冊 ページ付なし ; 27cm ISBN 9784893095626 価格 1400円 JP番号 22233632 トーハンMARC番号 32911586 出版年 W3CDTF 2013 NDLC Y17 NDC(9版) 726. そんな組み立てかたを試みていったんです。 触覚:異常なし• 「他の人に見られないように」極細ペンでメチャクチャ小さくスケッチが描きこまれている。 これはりんご型のメカかもしれない!? 機能満載、リンゴメカの解剖図! らんご、るんご、れんご、ろんご!? 奇妙キテレツな形のりんごの兄弟たち! ほんとはオシャレがしたかった!? いろんな髪形、りんごのファッションショー! はたしてこれは本当にりんごなのか?? 男の子が思い切って、ひとくちかじってみると…… 奇才ヨシタケシンスケさんの大ヒットデビュー作! 小さなひとつの疑問から展開される、まか不思議なアイデアと想像力の壮大な世界。 そして できれば、小さいうちに こんな発想豊な子どもになるような 訓練をして欲しいものです。

>

ヨシタケシンスケ『りんごかもしれない』感想【かんがえる頭で世の中って面白い!】|【雑記ブログ】いちいちくらくら日記

りんごに見えるけど、本当は違うかも?と、 ものごとを色んな角度から見る力が身につ きそうな絵本です。 『りんごかもしれない』の気になるあらすじは? ある日学校から帰ってきた男の子は、テー ブルの上にりんごが置かれている事に気づ きます。 大人も楽しんで欲しい絵本 大人も楽しめる絵本です。 リンゴひとつでこんなに笑えるとは!男の子のコントを見ているようで、親子で大盛り上がり間違いなしのオススメの1冊。 「これ、大人が読んでも面白いですね」「子どもの頃にこれ読みたかったです」。

>

3歳からの哲学絵本『りんごかもしれない』が楽しい

この疾走感も魅力の一つだ。 ぼくのニセモノをつくには 宿題やお手伝い・・やりたくないことが沢山あると思った男の子。 一見強く見える人も、弱さを持っていて、それを乗り越えているんだ、って。 新しいおもちゃや本があります。 絵本のことが昔から大好きだったから、いざ自分がつくるとなると緊張してしまって。 《おすすめタイプ》 4、5歳ぐらいから。

>