サッカー ロング キック。 上手なロングキック(ロングフィード)の蹴り方②足首の差し込み方とインパクト

インフロントキックのコツを練習法

POINT1:フォーム 蹴った瞬間に 上半身をボールに被せるようにすると、体重がボールに乗ってまっすぐ伸びる低いライナー性のボールになりやすくなります。 ですが前へ向かうスピードも落ちるため、パスの受け手はタイミングを合わせやすくなります。 ここは、主に中距離(15~20m)のキックに使います。 スケール 飛距離・威力 は小さくてもよいイメージを覚えてそれを繰り返す事が大切でしょう。 このように足の甲が斜め上を向いていることで、ボールがインパクトした瞬間から高く上がり飛距離のあるボールを蹴ることができるのではないかと考えています。 トラップからすぐ次のプレーに移れるように、自分の体もすぐに動ける準備をしておくことが大切です。 すると、あるきっかけから得点力が上がり、練習試合で2試合5ゴールを記録。

>

強いボールを蹴りたい!サッカーでロングキックが上達するコツとは|【SPAIA】スパイア

実際に動画を分析していると、このように横からみた場合と前からみた場合で足の差し込み方が異なって見えるという矛盾が生じていました。 ボールの軌道がすごく変化するのがわかります。 そうすることで自然と真っ直ぐ蹴ることができるようになります。 林選手のキックを見ると、蹴り上げていませんよね?むしろ、上から下に振り下ろしています。 ロングキックの蹴り方を習得することは、サッカー選手としてとても大きな武器となるでしょう。 社会人プレーヤーでも実践しやすいよう、できるだけ1人で練習できるものを紹介します。 ロングキックが得意な人も苦手な人もいると思いますが、 ポイントを3つに絞って解説をしていきたいと思います。

>

インフロントキックの正しい蹴リ方と練習法!【動画解説付き】│少年サッカー育成ドットコム

この時、軸足と同じ側の腕を上げ、バランスを取る 【2】蹴り足を後ろから前に振る。 もちろん、着地点に落下してから遠くに転がっていかないようにという意味もあります。 たくさん意識しすぎると 逆にフォームがおかしくなるので まずは「足を斜めに入れること」 から意識してみましょう! それができるようになったら、 また別のポイントを意識するというように 1つ1つ腰を据えて焦らずに 改善していくといいでしょう。 足の甲に当たりますが、当たったボールは前方に押し出されます。 これはなぜかというと、手で持っているボールを離して、地面に落ちる前に足を合わせるからです。 ロングキックを蹴るには、上半身の力をプラスすることが大切です。

>

インフロントキックのコツを練習法

ボールのミートする位置が、 下になればなるほどふんわりとしたボールになり、逆に真ん中に近づくほどライナー性のボールになります。 最初はインパクトだけの. ちゃんとボールが蹴れればサッカーがもっと楽しくなるし、もっとサッカーが好きになるはずです。 はじめに サッカーのキックに関して、蹴り足のコツとして『膝下のコンパクトな振り』が挙げられることがあります。 ミートを心掛ける パスを遠くに飛ばすためには ボールのミート力というのも重要です! ボールには中心というか核というか軸というか…そこを蹴ると意味わかんないくらい良く飛ぶポイントがあるのです!笑 ロングパスを遠くに飛ばしたいなら、ボールの核(軸・中心)を見つけて、ミート力を高める方法もあります! 腕を使う ロングパスのコツとかでよく言われる 腕を使うことも飛距離をだすためには有効です! タイミングよく腕を大きく回して振ることで、ボールを蹴る力が高まります! 蹴る力を高めるという意識を持って腕を使うとよいと思います! 筋トレをする あとロングパスの飛距離を出すには単純ですが 筋トレも良いと思います! 私も今だからわかることですが、中高生と大学生や大人の筋力は結構違います! プロとかは簡単にロングパスを蹴っているように見えますが、しっかりと筋力トレーニングをしているでしょうし、年を重ねることで筋肉がついて筋力が安定します! 足に筋肉がつけばボールを蹴る力が高まるのもわかりますよね? 私はあまり筋トレはオススメしませんが、飛距離をだすために何かしたいというのであれば筋トレをするのも良いかと思います! 精度・コントロールを高めるには たぶん、ボールはめちゃくちゃ飛ぶんだけど精度・コントロールが悪い、狙ったところにボールを蹴れないという時もあると思います! そんな時は ボールの軌道をイメージして、頭の中に道筋を描くようにすると良いです! ロングパスを蹴るために足を振りかぶった時に、 ボールをここからあそこまで運んであげるという気持ちを持つと軌道をイメージしやすいかもしれません! ロングパスのコントロールは技術よりも 意識の問題だと私は思うので、狙ったところにボールを飛ばすのだと強く想って蹴ることが重要です! あとは、 軸足のつま先を狙っている方向に向けることもイイかもしれません! 体は正直なので、軸足の向きの方向へボールはとんでいきます。 このように試合の場面に近い形にすることで、ただの対面パスよりも、試合をイメージしやすくなります。 ロングキックも足の甲で蹴るため、インステップキックに含まれると言えます。

>

上手なロングキック(ロングフィード)の蹴り方②足首の差し込み方とインパクト

インパクトは足の甲• 1人でインフロントキックの練習するときも、トラップの仕方、蹴る角度、蹴る距離などを試合の形に近づけて行うことで、より実戦的な練習になります。 そして足の付け根の部分から大きく振って、膝下の部分も振り抜く二段階の振り子のようなイメージです。 今回ご紹介した練習法を参考に、徐々に距離を伸ばして、ひとつずつステップアップをしていきましょう! ポイントを意識して練習すれば、理想のロングキックを習得することができるはずですよ。 しかし、子供がロングキックを蹴れるようになるまでには時間がかかること、蹴れなくても支障がないということをお伝えします。 実際私も小学校、中学校、高校とサッカーをやってきましたが、大学を卒業し社会人になり10年ほぼ何もしてなかったのですが、体を動かしたいと思い趣味でサッカーを始めました。 ということになります。

>

ロングキックをできるだけ遠くに飛ばすコツ

ただたくさんプロ選手の動画を分析してわかった特徴と、自分が関わっているアマチュア選手(関東1部から小学生まで)がやってしまうエラーを比べることで「いい身体の使い方」が何なのかを推論してみました。 それはわかっているけれども、ロングキックが飛ばないことで思い悩む選手は多いはずです。 このような角度で足をボールに当てているのであれば、前から見た時と横から見た時で足の見え方が異なる理由も説明がつきます。 軸足のつま先を蹴りたい方向に向けて、 位置は普通試合中は動いているボールをシュートするわけですから、 深くやや遠めに踏み込んでみてください。 要するに子供本人がキックの感覚をつかむことが大事なのです。

>

【サッカー】低弾道のロングキックを試合で使えるようにするには

足の甲の骨は楔状骨、舟状骨と呼ばれる骨です。 「しっかり踏み込む」というよりは「しっかり踏ん張る」という表現の方が正しいかもしれません。 例えばスタジアム以外の場所では、横風が強い時に高く上がれば、左右にブレてしまい影響を受けてしまいます。 2019. 思い描いた軌道やスピード、バウンドで蹴れることです。 つま先を気持ち蹴り足方向斜め下に向けるのがコツ 【4】ボールにインパクトしたら、足を前に振り抜く。 この蹴り方でも飛距離のあるキックが蹴れるのでしょうか? 上図の左はいわゆる普通のインステップキックです。

>

サッカー キックにおける膝の振りのコツ

これだとアウトに回転がかかり、 ボールがまっすぐ飛ばなくなります。 バウンドしてもボールは遠くへ行かないため、受け手はタイミングを合わせやすい。 軌道が低く、前に進むスピードが早い。 スペースがあっても、そこへ入るタイミングが早過ぎると、マークも付いて来てしまいます。 ボールを遠くに飛ばそうとすると、どうしても体全体に力は入ってしまいキックをフォームのバランスがくずれてしまい、軸足もずれてしまうので、ボールをしっかり蹴ることができくなってしまいます。

>