心血 を 注ぐ。 【注ぐ(つぐ)】 と 【注ぐ(そそぐ)】 はどう違いますか?

【注ぐ(つぐ)】 と 【注ぐ(そそぐ)】 はどう違いますか?

そして様々な救済事業に 心血 しんけつを注いだといわれている。 私は彼女に、 心血を注いで女優のなんたるかを教え、彼女は全身全霊で、私の情熱を受けとめ女優への道を歩んでいる。 これ以降、彼はこの雑誌に心血を注ぎ、1912年以降は編集にも加わった。 東京医科大学では学校の設立と運営に心血を注いだ高橋を「学祖」としている。 「心血を傾ける」は、先の 「心血を注ぐ」の誤用になる表現です。

>

79.字牌に心血を注ぐ(約4分40秒)

貿易業務以外にも運送業や不動産業にも進出した。 つぐ 、 より も たいりょう の もの が ながれこむ いめーじ です。 tsugu ha tabemono ni tsukai masu. 結果、ドライビングディスタンス325. ツアー休止中に改造した肉体がそのヘッドスピードの源になっている。 この女優さんには、心血を注いで応援をしたくなるような魅力がある。 僕はね、相手を苦しめずに 殺すことに心血を注いでいるんですよ。

>

「心血を注ぐ」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

芸術家たちが心血を注いだ、サン・ピエトロ大聖堂を一度でいいからこの目で見てみたい。 それなりに見聞きする誤用なだけに、そのようには使わないように気を付けてください。 人物が作品や、何か物事に対して、「心」と「身体」、自分の全部を使って尽くしていることを表す言葉なので、「夢中になっている」というイメージにも繋がります。 「心血を注いで作った作品が、残念ながら落選してしまった」と用いたときには、それほどまでに頑張って作った作品だったと表現しており、 「心血を注ぐほどの努力が必要だ」のような使い方では、これ以上ないほど全力を尽くさないと駄目だと表現しています。 全身 身体 全霊 心 を注ぐ、という言葉なので、こちらも同じような意味を持っています。 方向性を犠牲にしてまでも飛距離を出しにいくデシャンボー 9月17日から20日に開催された全米オープンではブライソン・デシャンボーが優勝した。 5度のドライバーは構えると、パターのようにフェースが絶壁に見える。

>

【注ぐ(つぐ)】 と 【注ぐ(そそぐ)】 はどう違いますか?

その〝システム〟とは自分で物を考えることの出来る機械である。 やんちゃな寂しがり屋。 「心血を注ぐ(しんけつをそそぐ)」で、「心身の力のありったけを尽くす」という意味になり、「プロジェクトに心血を注ぐ」などと用います。 多くの選手が全米オープン特有の長いラフを避けフェアウェイキープを最優先とする中、デシャンボーはラフおかまいなしに少しでも遠くへと考えコースを攻めた。 また、1908年には、ナジヴァーラドにおいて文学サークル「ホルナップ」を設立し、アディの他、バビチ・ミハーイ、ユハース・ジュラ、バラージュ・ベーラなどの詩を収録した1冊のアンソロジーをこのサークルより出版した。 どんな薬にも、その開発と運用に 心血を注いできた人間は存在するが表に出ることはないのである。 「器に飲み物や食べ物を入れる」ことです。

>

【に心血を注ぐ】の例文集・使い方辞典

「 さけ を つぐ 」 といった ばあい 、 お さけ を しずか に こっぷ に いれ て い ます が 、 「 さけ を そそぐ 」 と いう と 、 お さけ が いきおい よく こっぷ に はいっ て こぼれ そう な かんじ が あり ます。 同校は尋常小学校卒業者を入学の対象者とし、英・和・漢・数・仏学・法律・翻訳などの教育に心血を注いだ。 例文3. ジャーディン・マセソン商会を辞職した後は、自身の商売に心血を注いだ。 敵は、なにか思うところあって巡察艦の整備に重点を置いたのかもしれない。 航空機メーカー。 そこでシーン神父はテレビに積極的に出演し、伝道活動に心血を注いだ。

>

【ゴルフ】飛距離増に心血注ぐデシャンボーらドラコン選手達がドライバーのロフト角を5.5度にする理由|【SPAIA】スパイア

プロテスタント各派が積極的にテレビやラジオでの伝道を繰り広げていたのに対し、カトリック教会は出遅れた感があった。 まるであなたを待つことに心血を注いでいるような 気迫 きはくを感じますよ。 彼はこの本を書くために、今までの作家生活があったし、もう作家をやめてもいいと言っていたほど、この本に 心血を注いだ。 現在はラノベ風ドラクエ11シリーズも書いている。 注ぐは、食べ物に限らず使うことができます。

>