コード ブルー 小説 藍 白。 藍白の娘は小児科に!?〔コードブルー〕

続!コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~

」 ーーーーーーー病院ーーーーーーー 緋山「あいつら、遅くね?」 藤川「2人そろって遅刻とか?」 冴島「何か、あったんですかね?」 緋山「あいつらのことだから……大丈夫っしょ。 」 緋山「ふ~ん」 藍沢「早く仕事するぞ。 藍沢「ほら、恵、早く着替えr………。 」 藍沢「おう。 」 藍沢「…いいぞ?」 白石「ありがと…! 天使の笑み 」 なんだよ、白石・・・・・・可愛すぎるだろ。 行くぞ。

>

続!コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~

」 藤川「そういえば昨日の夜、白石、藍沢の家に泊まったらしいぜ。 」 藤川「どこまでやった?」 藍沢「いうわけないだろ。 藍沢「っ……ほら、寝るぞ。 昨日の夜は暗かったから平気だったけど……。 読者のみなさんこんにちは!サザエでございま〜す!はい。 」 一同「あ~い。 読者のみなさんこんにちは!サザエでございま〜す!はい。

>

コード・ブルーメンバーが体調を崩す?

藍沢side 藍沢「ん~~~………」 今、何時だ? 藍沢「おいっ、恵、起きろ!」 白石「んーーー……」 藍沢「仕事、遅刻する・・・・・・・・・」 白石「えっ!?」 藍沢「さっさと支度していくぞ。 」 そして俺たちは、ベッドに移動し、寝ることにした。 」 白石「やってないし………。 あ、あれ?白石、スカートからなんか…液、出てるよ?」 白石「えっ!?」 藍沢「!?」 緋山「嘘~~~~!ww」 白石「も、もう!やめてよね!」 藤川「そういえば、昨日の夜・・・・・・」 藍白「 ピクッ 」 藤川「白石と藍沢一緒だったらしいな~」 藍沢「そうだが。 藍沢「恵、ハグしていいか?」 白石「っ、、うん、いいよっ…!」 藍沢「さんきゅ。 」 白石「うん。 白石side なんとなく、あんなこと言っちゃったけど・・・ 藍沢先生、受け止めてくれるなんて思わなかった……。

>

コード・ブルーメンバーが体調を崩す?

」 もーーー…… 最悪、見られた。 読者のみなさんこんにちは!サザエでございま〜す!はい。 。 」 白石「………」 藍沢「白石?」 白石「耕作………。 恥ずかしかったけど、繋がれたっていう嬉しさもあった。

>

藍白の娘は小児科に!?〔コードブルー〕

」 藤川「何があったんだよ。 フォローされた際、DMに来て下さい。 」 緋山「えっ!マジ?あいつら・・・・・・」 藤川「あぁ。 See 41 photos and videos on their profile. 」 緋山「ふ~ん。 白石「着替え、終わった。

>

コードブルー 藍白

そして、その夜私たちはそういう関係になった。 」 白石「う、うん!」 白石side あっ……… そうだった…昨日の夜、服脱いでたんだった………。 ハグをする 」 白石「……ん。 」 白石「ふ、普通に…寝坊しただけ………。 」 白石「一緒に寝たい。 藍沢side 白石にキスをした ーーーーーーーーーー 白石「…!?」 藍沢「…寝るか。 」 藍沢「なんだ。

>

コード・ブルーメンバーが体調を崩す?

。 。 。 。 。 。 。

>