セルフ カット メンズ 後ろ。 メンズのセルフカットの方法!前髪や後ろ髪の切り方|All About(オールアバウト)

メンズセルフカット決定版【後ろ髪や前髪、バリカンを使ったカットまで】 | VOKKA [ヴォッカ]

だから、初めて切るときは「切ったにもかかわらず大して変化がない」という状態で一旦止めておくのがコツだ。 だから、美容院で切るぐらいの量をいきなり切ろうとしてはいけない。 理由は、周りの人はそこまで細かく自分のことをチェックしていないから。 例えば、頭皮に対して 平行に入れると切った髪に段差ができますが、 斜めに入れると揃った状態になります。 美容室で自分だけオシャレ雑誌じゃなくてジャンプを渡されてから10年以上セルフカットで散髪を済ましているsasakiです。 カットする周期 セルフカットは何度も続けるとどうしてもバランスが崩れてきます。 多くの場合は50%のすき率ですが、いきなり50%もすいてしまうと調整ができななぁとかもう少し徐々に切りたいという人であれば、30%や15%のものもあるので、理想のイメージを考えながらすきバサミをえらんでください。

>

セルフカットで失敗しないためのコツ!※メンズだから後ろは適当

ヘアカッター(レザー)• セルフカットだと気づかれない 美容室が1回あたり3,000円だとして、月一で通うなら、年間36,000円です。 そこで、自分が辿り着いたのが(というか最初からそうしてましたが…)、 お風呂場で全裸で切る!ということ。 ・バリカン サイドや後ろ、襟足をスッキリ刈り上げたいときに必須なのがバリカン。 セルフカットのメリット・デメリット じゃあ、こんな美容室・床屋には行きたくない! でも髪の毛は同じペースで伸び続け、社会人として仕事をするには多少は整えなければいけなくて。 使うのは普通の理容ハサミです。 アタッチメントの角度を急にしてカットすると短く切れてしまうため注意しましょう。

>

セルフカット歴10年のベテランが教える失敗しない簡単テクニック!

) 極論すると、デメリットは掃除が大変なことくらいかなぁと思います。 前髪をブロッキングするコツは、眉尻を目安に三角形になるよう必要な分量を取り分けてください。 襟足のガイド、サイドとみつ襟の繋がりのガイドができたのでガイドに合わせレイヤーカットを入れていきます。 次に ヘアクリップをいくつか用意しておきましょう。 。 大きな失敗を防ぐためのポイントは以下の2点です。

>

セルフカット歴10年のベテランが教える失敗しない簡単テクニック!

これらの機能だけで、かなり価値があると思ってます。 利き手が右の場合は左手の人差し指と中指で前髪を挟んで、床と平行になる高さくらいまでしっかり持ち上げます。 まずは毛先2〜3cmくらいのところから少しずつ梳いていき、毛先の重さを整えたら前髪の上部分にもすきバサミを入れていきます。 ブロッキングとは髪の毛を小分けして留めることです。 すきバサミのコツとしては、毛束をつかんで根本側から毛先に向かって2回に分けてハサミを入れることです。 やっぱり、美容室に週何日も通うような人は少数でましてや私のような出不精からしてみると、出来るだけ美容室に行く頻度は少なくしたいものです。

>

メンズセルフカットのやり方!これで美容カット代を年間で10,500円は節約できます。

あまり心配しなくても大丈夫だと思います。 節約できる• この知識は美容師に教えてもらいました。 ハサミは毛の流れと平行に、縦方向にして切る• 以上、ホインでしたー。 髪の癖を取るために濡らして乾かす。 カットバサミ 襟足ともみあげを整えるときに使用。

>

メンズセルフカットは後ろとサイドが重要!バリカンの刈り上げ方法なども徹底解説!

髪の毛切るだけで時間かかり過ぎ• バリカンは水洗いタイプがおすすめ バリカンは電動のため、電池タイプと充電タイプがあり充電タイプのほうが経済的でおすすめです。 あとはセルフカットって案外簡単だし、メリット多めだからおすすめ!的なコトをツラツラと書いていきます。 イマイチ不安な人は、下記のバリカンの刈り方についての動画を見て確認してみましょう。 こんにちは。 下の部分から切っていきましょう。 事前準備 当然ですが、髪の毛をすく前に「これはあった方が良い!」というものがいくつかあります。

>

メンズセルフカット決定版【後ろ髪や前髪、バリカンを使ったカットまで】 | VOKKA [ヴォッカ]

作業はかなり簡単で、慣れると10分程度でカットが終わります。 毛抜きピンセット 眉毛を整えるためのピンセット。 ポイント• そうした時は反対側からもカットしたり、色々な角度からカットしてみましょう。 ただし、濡らして切る場合は乾いたときに長さが短くなることを想定して切ることを忘れずに。 (うちは、妻がいつもやってくれています。 僕はスーツで通勤しますが、違和感はありません。

>