Kodak フィルム カメラ。 「Kodak Pro Image100」はコダックの魅力が詰め込まれたコスパ抜群のネガフィルム【レビュー・作例】

KODAK(コダック)M35 フィルムカメラ|日本限定グレー|カメラ本体

実家畑で採れたばかりの子達。 果たして結果は!?. 感度が上がるほど彩度も上がりますが、鮮やかすぎるということはなく、自然であたたかみのある印象です。 ここまでできたら、あとはカメラのふたを閉じるだけです!もしも不安のある方は【1】〜【5】までの動作を動画でおさらいしてみましょう。 プリント時のオーダーの仕方でも写真の雰囲気は変わりますし、つかむまで時間がかかったように思います。 撮りたいと思った瞬間にすぐにシャッターを押せば写真が撮れます。

>

カメラ女子のフィルム写真比較!「Kodak ULTRAMAX400」と「FUJIFILM業務用100」(生産終了)

というわけでいつも、使うのは夜の時間帯以外。 昔はみんな、フィルムカメラを持って写真を撮っていたわけですから。 家族写真やここぞという写真を撮るときには必ずといっていいほどスタンバイ。 輝度が落ちてしっかり色が入る感じ。 ちなみに現像、スキャンはカメラのキタムラさんにて。

>

【撮り比べ】KODAK M35 フィルムカメラと写ルンです| FILM PHOTO BLOG| 写真屋 monogram

これまでのコラムで「KODAK M35フィルムカメラ(以下、M35と表記)」の撮り比べをしてきました。 緑や青味の強いフィルムですね。 参考写真があまり無いので、vol. 気軽なスナップをしたいサブ機を探している方。 そして一番、撮った時の想像をはるかに超えてきた一枚。 6はその他のカラーネガおよびモノクロのネガフィルムのご紹介です。 ただ、フィルムカメラってなんせランニングコストがかかるというのが大きな難点。 作品として撮るには最適で、どれにしようか迷ったらPORTRA 400に落ち着きます。

>

【失敗しない】KODAK M35のフィルムの入れ方| FILM PHOTO BLOG| 写真屋 monogram

FILM PHOTO BLOG編集部のノクトン稲垣です。 「Kodak Portra 400」の作例 使用カメラ:CONTAX RX 使用レンズ:CONTAX Planar 85mm F1. そんなところも早速私に失敗からみなさん参考にしてくださいね!(開き直り) 作例紹介と感想 まぁ上手くいったであろう作例 第一枚目は我が相棒、さくらちゃん。 巻き戻しクランクを引き上げてからフィルムを装填してください• もちろんレタッチなど加えていませんが、夕暮れの空と海、そして花火の美しい色がしっかりと出ていますよね。 読んでくださってありがとうございました* 写真を寄せてくださったみなさまにも、感謝の気持ちを…*。 誤ったご使用、不注意、落下、不当な修理、分解、改造、天災、地変等による故障または損傷• ただ、フィルムカメラってなんせ ランニングコストがかかるというのが大きな難点。 「Kodak Pro Image 100」作例 ここからは、実際に「Pro Image 100」を使って撮影した作例を紹介していきます。 4 「Kodak Portra 400」の特徴 空の水色のクリアさは、160と同じで素晴らしいですね。

>

KODAK(コダック)M35 フィルムカメラ|日本限定グレー|カメラ本体

指が写り込んじゃう• 最初の6枚くらいが真っ暗で、最後の6枚が全部1枚のフィルムに合わさってしまう現象。 少し黄色っぽく写ることもありますが、それがまたノスタルジックさを引き出してくれているのではないでしょうか。 使用するフィルムカメラ本体やレンズによってその写りも変わってくるかと思いますが、色乗りもよくシャープに写り、程よい粒状感がたまらない写真ばかりです。 カメラ女子のフィルム写真比較 フォトグラファー・写真家のありんこです。 35mm用とブローニー用があります。 全体的に黄色味がかっていて、こってりと黒も結構つぶれる感じなんですね。

>

KODAK M35 フィルムカメラ(全3色)|フィルム、写ルンですmonogram(モノグラム)

右側に黒い線が、、これはやっぱりフィルムが上手く噛み合っていなかったのかな〜(のちに続く) こういう模様系と陽陰のデザインが大好きな私。 写りの特徴 他のコダックの低価格フィルム(GOLD200・ColorPlus200など)よりも 色のメリハリが強く、しっかりとコントラストが出る印象です。 「チ」の点滅が落ちる瞬間を待ちました。 落ち葉についた雫にピントを合わせました。 カメラの故障か、フィルムがうまく巻き上がっていないのか、、 でも初めて多重露光を経験して、こんな感じになるんか!と、貴重な経験をした気分です。

>