山茶花 害虫。 サザンカ(山茶花)の正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

サザンカの育て方

防除法 落葉を集めて焼却する。 主な被害と診断 枝の一部に、たくさんの小枝がほうき状に出る病気で、放置すると樹勢が悪くなる。 マツ類に発生する。 チャドクガの幼虫は葉を食べて木を弱らせていきます。 ツバキより枝が密生するのでこの時期なら刈り込みもできます。

>

サザンカ

椿や山茶花などのツバキ科には 「チャドクガ」という毛虫がいることがあります。 このかゆみは 猛烈な痒さのようで、しかもその痒みは 1~2週間も続くようです。 ツツジ、サツキに発生する。 「チャドクガ」 5~6月と8~9月にかけて発生しやすい害虫です。 殺虫剤の使い方 スミチオン乳剤1,000倍希釈液などを発生部位に散布する。

>

椿やサザンカにつく毛虫を駆除したい!家庭でできる方法

首にはタオルを巻く• カイガラムシ 風通しの悪い所で育てているサザンカは、カイガラムシが発生することがあります。 卵にも触るとかぶれるので、触らないよう注意! 幼虫の発生期は4月中~下旬と7月です。 この時の卵は越冬卵ですので、冬の間は葉裏でじっと卵たちは春を待ちます。 葉や地面に落ちている小さなふんの上を探すと見つかります。 特徴 サザンカはツバキ科ツバキ属の一種で、日本の固有種です。

>

樹木の病気・害虫一覧

靴や靴下も注意しましょう。 ツバキのある公園で遊んでいた子どもたちがチヤドクガにやられて 大変なことになった、なんて地方新聞にのっていたこともありました。 下着にでも移ると、全身に発疹が出ることがあります。 殺虫剤の使い方 DDVP乳剤1,000倍希釈液などを10日おきに2~3回茎葉散布する。 これはあくまで毒針を固めるもので、殺す目的のものではないため最後に燃やします。 老熟幼虫の大きさは約30mm、背は灰黒色、側面は淡黄色で黒点があり、蛹となるために樹幹の溝や落葉に移動する。 幼虫の毛や抜け殻、卵の塊など、全てに毒針毛 があり、肌に触れるとかぶれと痒みを起こすので、絶対に手で触らない、服に付け ないよう注意。

>

サザンカ

殺虫剤の使い方 ディプテレックス乳剤1,000倍希釈液、トレボン乳剤4,000倍希釈液などを茎葉散布する。 剪定をするとよいとされている時期は花が咲き終わった2月~4月頃です。 淡い色が特徴的で、上品さが感じられる品種となっています。 発病すると、枝や幹の表面に分厚いフェルトのようなカビが生えます。 。 噴霧器に水を入れて、説明書通りの希釈率で薬剤を入れてください。 寄生転換を行い、5月以降は中間宿主のヨモギに移って夏を過ごし、秋になってサクラに戻り産卵する。

>

サザンカ

ヒラタカタカイガラムシ 体長3~4㎜で、柑橘類、ラン類、チャ、月桂樹、ヤツデなどに寄生します。 とり木:3月から6月に枝の樹皮を3cm幅で木質部まではぎ取り、たっぷり湿らせた水ゴケで包み込み、ビニールで覆い乾燥を防いでひもで固定します。 毒針は長さ0. 多発した場合には、多湿時を重点に新葉が展開する頃から秋まで、殺菌剤を散布する。 十分に発根したら、枝から切り離して鉢上げしましょう。 巣の中に薬液が入るよう、ていねいに散布する。

>

山茶花 枯れる原因・・・つきやすい害虫○○の対策とは!?

他にも、タマカイガラムシ、オオカタカイガラムシなど、多様な形態の種がカタカイガラムシ科に分類されています。 それでホームセンターの店員に教えてもらい、 ディプテレックスを使ったところ一発で殺虫できました。 「乙女サザンカ」 2メートルから8メートルほどまで成長します。 「花を咲かせたい場合」 花が咲き終わってから次の花芽が生えてくるまでの3月~4月までにやる。 もしかゆくなったら、掻かずにまずその場所にガムテープをくっつけて剥がすをテープを新しくしながら繰り返すと、かぶれが少なくて済みます。

>

サザンカ(山茶花)の正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

将来、近くの他の枝に代わり、その枝に更新する可能性がある場合は残します。 鉢植えは3月に化成肥料を株元に追肥しますが、開花中の株は花が咲き終わってから追肥します。 以上の4品種がありますが、あなたは何色の花を咲かせたいですか? 生け垣にまで成長させるためには長い年月が必要となりますが、どの品種にしても成長スピードは同じなので、色や咲く時期などで品種を選択する必要がありそうですね。 作業が終わったら衣類と道具の消毒 【注意!】作業に使った道具や衣類を適当にそのへんに置いておくと、毒針毛を撒き散らしてしまいます。 夏に伸びた枝が樹形を乱したり密生していたりする場合は、花が咲く少し前の9月に、その枝を切り戻すか透かし剪定を行うようにします。 こうやく病 カイガラムシの一部の種では、こうやく病菌と共生して樹木にこうやく病を引き起こすことが知られています。

>