環境 省 co2 排出 係数。 環境省_報告書作成支援ツール

環境省_平成29年度の電気事業者ごとの基礎排出係数・調整後排出係数等の公表について

一方、 2)は国の総排出量を計算するためのものですので、電気・熱の使用に伴う間接排出を電気事業者側で計算し、消費側での計算はダブルカウントになってしまうとして、避けている模様です。 標準発熱量・炭素排出係数と異なる値のものが、「実質発熱量・炭素排出係数」になります。 サプライチェーン全体の温室効果ガス排出量について、特にスコー プ3(Scope 3)の算定方法を中心として、国内外の動向、企業の取組事例等を掲載 しております。 )の公表を希望する場合は、様式の表1~13(メニュー別)への記入が必要となります。 温室効果ガス排出量 日本の温室効果ガス排出量• したがって、CH4やN2Oの排出係数は表面に出てこないのです。

>

環境省_報告書作成支援ツール

ダウンロード リクエストページより、プライバシーポリシー及び登録解除手段をご確認のうえ、「ダウンロード依頼フォーム」に必要事項を入力ください。 一般送配電事業者においては、排出係数の算定実施、又は全国平均係数での代用を選択できるものとします。 ・バージョンアップ時に発生する可能性がある一部のエラーについて、再度バージョンアップを行うことでエラーが解消するよう修正 ・前年度の入力内容を基に、活動を自動で選択する機能、入力内容を参照する機能を追加 ・報告義務がある特定事業所だけではなく、全ての事業所について排出量等を一覧で出力する機能を追加 ・報告先大臣名について、地方支分部局も選択できるよう修正 動作環境 OS:Windows10(推奨) ・Microsoft. 他社から調達している電気の一部で発電所が特定できないものについては、「その他」の取扱いとする計画です。 このうち、他人から供給された電気の使用に伴う二酸化炭素排出量の算定に関し、温室効果ガス算定排出量の算定においては、特定排出者の事業活動に伴う温室効果ガスの排出量の算定に関する省令(平成18年経済産業省・環境省令第3号)第2条第4項に基づく基礎排出係数及び代替値(国が公表する電気事業者ごとの基礎排出係数及びそれ以外の者から供給された電気の場合に実測等に基づく適切な排出係数を用いて算定が困難な場合に代替する係数)を、また、調整後温室効果ガス排出量の算定においては、温室効果ガス算定排出量等の報告等に関する命令(平成18年内閣府・総務省・法務省・外務省・財務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・環境省令第2号)第20条の2に基づく調整後排出係数を用いることとされ、これらの排出係数は環境大臣及び経済産業大臣が公表するとされています。 以下「温対法」という。

>

環境省_温室効果ガス排出量

(1)スケジュール(排出係数) 8月4日 新規参入者の事業者別排出係数の報告〆切 8月14日 メニュー別排出係数の報告〆切(排出量調整無効化を行わない場合) 9月2日 メニュー別排出係数の報告〆切(排出量調整無効化を行う場合) 9月中旬 メニュー別排出係数、新規参入者の事業者別排出係数の公表 9月18日 事業者別排出係数の報告〆切 12月頃 事業者別排出係数の公表 (2)スケジュール(国内及び海外認証排出削減量の排出量調整無効化の期限) 7月31日 令和元年度新規参入者及び平成30年度新規参入者の8月4日期限報分 8月31日 既存及び平成30年度新規参入者の9月18日期限報告分 4.提出及びお問合せについて 以下の提出先メールアドレスに電子媒体で御提出ください。 )」に基づき、事業者別排出係数の算出が行われることになります。 今般、平成29年度の電気事業者の実績に基づく基礎排出係数及び調整後排出係数等について、公表しましたので、ここにお知らせします。 家庭からの二酸化炭素排出量の排出実態を把握するため、新しく統計調査を創設するにあたり実施している試験調査です。 )を公表すること 注1)となっております。 省エネルギー法定期報告書の作成には資源エネルギー庁が公表している定期報告書作成支援ツールをご利用ください。 環境報告書に記載するためでしたら、1)の資料を参照されたほうがよいと思います。

>

環境省_報告書作成支援ツール

しかし、一般の製造業者と同じように、水道事業者も自らは消費エネルギーに見合った排出カウントは計上しています。 ・今回公表する事業者別排出係数は、温対法に基づき、特定排出者が平成29年度の温室効果ガス算定排出量(実排出量)及び調整後温室効果ガス排出量を報告する際、電気の使用に伴う二酸化炭素排出量を算定するための係数として用いるものです。 また、炭素排出係数については、総合エネルギー統計炭素単位表の11行目に適用している炭素排出係数が記載されています。 温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度• これは、排出係数の極端に低い原発の運転を考慮したもので、2001年度は0. 平成18年4月1日に施行された温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について紹介しています。 以下「通達」という。 )は、毎年度、温室効果ガス算定排出量並びに国内認証排出削減量及び海外認証排出削減量等を反映した調整後温室効果ガス排出量を事業所管大臣に報告することが義務付けられています。

>

環境省_平成30年度の電気事業者ごとの基礎排出係数・調整後排出係数等の公表について

平成28年度、電気事業者に電気を販売(卸売り)された事業者におかれましては、下記要領により事業所別又は事業者別の実排出係数を算出し、当該係数を電気事業者の求めに応じて提供していただきますようお願い申し上げます。 つまり、CO2カントしなければならない場合が規定されているのであって、それ以外のものは消費時点でのカウントは不要ということになります。 また、令和元年度、小売電気事業者及び一般送配電事業者に電気を販売(卸売り)された事業者におかれましては、下記要領により事業所別又は事業者別の基礎排出係数を算出し、当該係数を小売電気事業者及び一般送配電事業者の求めに応じて提供していただきますようお願い申し上げます。 | 3.スケジュール 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、温室効果ガス算定排出量等の報告書の提出期限等の延長をしております。 )は、毎年度温室効果ガス算定排出量並びに国内認証排出削減量及び海外認証排出削減量等を反映した調整後温室効果ガス排出量を事業所管大臣に報告することが義務付けられています。 このうち、他人から供給された電気の使用に伴う二酸化炭素排出量の算定に関し、温室効果ガス算定排出量の算定においては、特定排出者の事業活動に伴う温室効果ガスの排出量の算定に関する省令(平成18年経済産業省・環境省令第3号)第2条第4項に基づく基礎排出係数及び代替値(国が公表する電気事業者ごとの基礎排出係数及びそれ以外の者から供給された電気の場合に実測等に基づく適切な排出係数を用いて算定が困難な場合に代替する係数)を、また、調整後温室効果ガス排出量の算定においては、温室効果ガス算定排出量等の報告等に関する命令(平成18年内閣府・総務省・法務省・外務省・財務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・環境省令第2号)第20条の2に基づく調整後排出係数を用いることとされ、これらの排出係数は環境大臣及び経済産業大臣が公表するとされています。 調整後排出係数の算出にあたっては、固定価格買取制度の下で原則全国一律のサーチャージ単価が設定されたことを踏まえた環境価値の公平分配を行うための調整を行います。

>

環境省_平成30年度の電気事業者ごとの基礎排出係数・調整後排出係数等の公表について

なお、2020年10月20日にコークス炉ガスの標準発熱量(2018年度改訂値・真発熱量(参考値))を訂正しました。 先進国の温室効果ガス排出量 リンク に気候変動枠組条約附属書I国(先進国)の温室効果ガス排出量データを掲載しています。 以下「通達」という。 地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号)に基づく温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度により、二酸化炭素等の温室効果ガスを一定量以上排出する事業者(以下「特定排出者」という。 あわせて、排出量(実排出量・調整後温室効果ガス排出量)を算定し、報告書を作成することができます。

>