ボルシア mg 対 インテル。 インテルミラノ対ボルシアMG

インテルはボルシアMGとドロー、ルカクが90分に同点弾 欧州CL 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News

インテルは9日、CLグループB最終節でシャフタール・ドネツクをホームに迎えた。 海外サッカー [12月11日 8:42]• 前回の対戦では6-0のスコアで圧勝しており、今回もホームで勝利が期待される一戦となった。 同じグループのもう1試合はインテルとシャフタール・ドネツクが0-0のドロー。 今日のようにやるべきことをやって、だけどね。 他会場の結果次第で勝利すれば、大逆転での決勝トーナメント進出の可能性を残していたものの、シャフタール守備陣を崩すことができず0-0のゴールレスドロー。

>

ルカク2発!インテルが敵地でボルシアMG下し決勝トーナメント進出に望みつなぐ

一方、決勝トーナメント進出には勝利が絶対条件のインテルは、3-0と快勝した直近のサッスオーロ戦から先発メンバーを3人変更。 彼らにとっては、大事な試合になる。 「それは私が同意しない意見だ。 攻勢を強めながらもゴールが遠いインテルは69分にヤングに代えてペリシッチを、さらに76分にはガリアルディーニに代えてサンチェスを投入し攻撃の枚数を増やす。 サンチェスやペリシッチ、ビダルに代えてルカク、ヤング、ブロゾビッチを先発で起用した。

>

インテルが3

クラブ公式サイトが伝えている。 スペイン [12月7日 8:29]• 後半に入り2失点を喫したが、76分に得点すると、83分にFWアラサン・プレアが同点ゴールを決めたかに見えた。 インテルにとっては救われた形となった。 プレミア [12月7日 11:43]• 前半9分にはルーカス・バスケスの右サイドからのクロスに頭で合わせたベンゼマのゴールで先制点を奪う。 試合前の公式会見に臨んだローゼ監督は、こうした両チームの状況を受け、アウェイの地での試合が厳しいものになるだろうとしつつ、自分たちの力に自信を見せた。 セリエA [12月6日 9:29]• チャンピオンズリーグ CL からの敗退が決定したインテルだが、アントニオ・コンテ監督はまたしても不名誉なデータを作ってしまった。 セリエA [11月23日 8:54]• チャンスはあったけど、ピッチに最高のGKがいることが彼らにとってラッキーだったと思う」 3大会連続でCLグループステージ敗退に終わったインテル。

>

背水の陣のインテル、ボルシアMG戦へ指揮官コンテ「勝つしかない。後悔ないよう全力で」

スペイン [12月7日 18:45]• プレミア ウルバーハンプトン監督、骨折ヒメネスは急がせない []• 「前回の対戦から、マドリーの戦い方は分かっている。 窮地に立たされていたマドリーだが、早い時間から試合を優位に進めることに成功。 スペイン [12月7日 0:12]• だが、右CKからサンチェスのヘディングシュートはゴールに飛んでいたが、ゴール前にいたルカクに当たってしまい、このまま痛恨のゴールレスドロー。 すべてがより難しくなってしまうので、こういったことを起こさないようにしなければならない」 「次の対戦相手は、CLで良いパフォーマンスを見せている良いチーム。 2得点のルカクは「僕らはもっとうまくやれるから、個人的にきょうは良い結果ではなかった。 挑戦を楽しみにしているし、有利な立場を活かしていきたい」 また、インタビューの中でローゼ監督は、対戦相手のマドリーについて言及。 全力を尽くし、後悔なくピッチを去ることができるようにしたい。

>

背水の陣のインテルが3

クラブ公式サイトが伝えた。 追い詰められたときほど力を発揮するチームだと、警戒感を強めている。 前半終了間際にラザロのクロスから同点弾を許した。 スペイン [12月8日 10:06]• ブンデス [12月6日 7:07]• 首位通過を逃したものの、決勝トーナメント進出を果たしたボルシアMG。 また、プレアの3点目が取り消されたシーン、私の意見ではエンボロがGKの視界を奪っていたとは思わない」 「とはいえ、もう結果を変えることはできないからね。 自陣でサンチェスがボールを失ったところからショートカウンターを浴びてプレアに決められると、84分にもプレアにゴールを許した。 プレミア [12月1日 20:30]• しかし、30分を過ぎたあたりからボルシア・メンヒェングラッドバッハに押し込まれる時間が続くと抑えきれない。

>

ルカク2発!インテルが敵地でボルシアMG下し決勝トーナメント進出に望みつなぐ

インテルは2年連続でのグループステージ敗退となったが、最下位で敗退したのは史上初の出来事。 最前線にプレアを据えた[4-2-3-1]の布陣を採用したボルシアMGに対し、インテルはいつも通り[3-5-2]の布陣でルカクとラウタロ・マルティネスが2トップに並んだ。 「レアル・マドリーとの一戦については、批判的な見解が多かった。 日曜日には セリエA第11節の カリアリ戦が控えている。 4試合で勝ち点2とかなり厳しい状況のインテルは好スタート。 セリエA [11月23日 8:55]• 前節、シャフタールに競り負けて3位に転落したマドリーはクラブ史上初のグループステージ敗退の危機に直面。

>

背水の陣のインテルが3

クラブ公式サイトが伝えた。 ボルシアMGは25日、CLグループB第4節でシャフタールと対戦。 分析されていないシーンがたくさんある」 2020. 46分、シュティンドルのワンタッチパスでボックス右横に抜け出したラザロのクロスをゴール左手前に走り込んだプレアがヘディングで叩き込み、前半は1-1で終了した。 前半9分にはルーカス・バスケスの右サイドからのクロスに頭で合わせたベンゼマのゴールで先制点を奪う。 CLラウンド16進出を逃すどころか、グループ3位となりヨーロッパリーグ EL に進むことすら叶わなかった。

>