えひめ ai 作り方。 えひめAI

人工知能じゃない農業に活用するえひめAIの使い方と効果

トイレの臭いが消える• という記事で、散布後に長生きさせるための方法について考えてみました。 どんなところが メタンハイドレートが日本海の秋田県と山形県の沖合や隠岐諸島(島根県)周辺に存在する可能性が高いことが 産後クライシスとは? スザンヌの離婚で、産後クライシスが話題に上がっています。 枯れ葉やわら等に付着している、枯草菌の一種です。 納豆 納豆です。 ・薔薇の切り花に 1000分の1程度添加すると、鮮度が3日ほど延びた。

>

人工知能じゃない農業に活用するえひめAIの使い方と効果

2、納豆菌。 また白糖の代わりにミネラルが含まれている黒糖、てんさい糖、 サトウキビの砂糖、粗糖がおすすめです。 その代わり、時間が二倍かかります。 (画像1) (画像2) 画像3)実験に用いた水の酸度です。 アリが寄ってくることもあります。 春になり、様子を伺っていますが花も咲きスクスクと成長しています!. (画像1) (画像2) 画像3)少し摘んで、酸度を見るために濾過しました。

>

【家庭菜園】えひめAI

葉面散布に消毒にと週二回くらい使用すると、効果が実感できるようです。 ホームセンターなどの ペットや熱帯魚関係を 置いている所にも phを測るのは置いていますが、 ph4以下を測れる事が 出来るph測定器は無いと思います。 スポンサーリンク えひめAI-2の作り方 原料が揃えば、 えひめAI-2は えひめAI-2の作り方を 見れば作れます。 2. 水道水を450ml加え、よく攪拌する。 収穫量が増える。 ここでパンをよく作る妻からアドバイスがあります。 【用途】 1.土着微生物を増やし土が肥沃になる 2.作物に対して害虫の忌避効果がある。

>

マイエンザ(えひめAI)の作り方、使い方、効果

えひめAIとは えひめAIは、愛媛県産業技術研究所(旧愛媛県工業技術センター)の 曽我部義明さんによって開発された環境浄化微生物資材のこと。 また、ナットウがタンパク質を分解した物質はネバネバで、これにより土が団粒化しやすくなります。 。 (より強く、より大きく、より多くが生物の強さであり生存戦略?) 4、えひめAIはかなり無理した作り方をしている。 <材料>(4リットル分)• 収穫量が増える。 なにしろ家にあるものでつくれるので安いです。

>

人工知能じゃない農業に活用するえひめAIの使い方と効果

注意点としては前の液の保管状態が良いこと。 また生ゴミに使用すると臭いだけでなく発酵が促進されるので、その結果できた堆肥を家庭菜園などに活用する方もいるようです。 においがへん(腐敗臭)になるまで使えると思います。 私がえひめAI-2を作った時は、 梅雨の時期で気温が 高い季節だったので、 そのまま日中は 直射日光の当たる場所に 置いて培養しました。 生ゴミに対して使用するときは注意が必要になります。

>

【家庭菜園】えひめAI

えひめAI-2の培養方法 えひめAI-2の原料を 攪拌した後は、 えひめAI-2の培養になります。 身近な材料なのでいろいろバリエーションを考えられると思います。 AI-1は産業用、AI-2は家庭用で、製法は多少違いますが、効果は同じです。 えひめai-2は家庭用に開発されたもので、使用するのはヨーグルトや納豆、ドライイーストで、それらを発行させた液体です。 えひめaiが活躍するのは、主に浄水、消臭、堆肥の発酵促進です。 植物への効果があったとしたら、土壌にえひめaiが含んでいる要素が不足していたから、ということになるでしょう。 これは好気性なのでえひめAIの上部に生息しています。

>

【家庭菜園】無農薬有機栽培にオススメ♪『えひめAI(あい)』をペットボトルで作る!

・沈殿物と上澄み液を別けて、沈殿物は汚れのひどいもの、土壌等に、上澄み液にはレモン汁やを入れると香りもするし、酸性になるので納豆菌の繁殖が抑えられるそうです。 当店からのご注文受付のメールでご確認ください) [口座番号]01650-7-31044 [口座名] 有 アイ・ティ・工房• できたえひめAIの保管 雑菌や害虫の侵入には気をつける必要が有ります。 以上、3つの微生物について簡単に特徴を述べましたが、こうして見ると、個々の菌自体が植物によい働きかけをしていることが分かります。 変な匂いになった場合は消臭には向かないが、畑には問題なく使える 保存方法• 納豆菌は籾殻とかワラ、枯れ草を好みます。 (画像1) (画像2) 画像3)発酵を均一にするため、よくかき混ぜました。

>

【家庭菜園】えひめAI

目的としては、 微生物の力で処理を行い、水質向上、汚泥削減、消臭等の向上を図り、河川への負荷を軽減。 この点が主な理由だと思います。 三温糖の香りの良いニオイが車内に充満してきました。 上記の500mlの配分とは違うけどあまり気にしない。 農業的な効果より家庭で使用する分の効果の方がわかりやすかったなと回帰終わる頃に気づいたのであった。 魔法の粉と呼ばれる納豆から独自開発で水質浄化剤を開発した日本ポリグルと同じように納豆を使用しています。 基本は 効くまでじゃんじゃん使う!だと思います。

>