Huawei nova lite 3 レビュー。 HUAWEI nova lite 3+の実機レビュー!nova lite3・P30 liteとスペック・カメラを徹底比較

HUAWEI nova lite 3を実践レビュー!スペック以上のコスパ機種だったよ

本体下部は、左からイヤホンジャック・マイク・マイクロUSBポート・スピーカーの順に並んでいます。 面白い機能であることは間違いないですね。 格安スマホなのにここまで綺麗に撮影できるようになったのはなかなかスゴイ。 ROM:32GB RAM:複数のアプリを同時に開いたりするときに必要なメモリ ROM:写真や音楽を保存するために必要なメモリ 価格からすれば妥当ですが、ちょっとメモリが少ないなと感じました。 SoC:Kirin 710• 急速充電機能を求める方• しかし、 micro USBの挿入口は裏表があるため、向きに注意しないと充電ができません。

>

HUAWEI nova lite 3+の実機レビュー!nova lite3・P30 liteとスペック・カメラを徹底比較

3回計測の平均総合スコアは「128687」となりました。 さすがに最新の3Dゲームは厳しいかもしれませんが、普段使いには何の問題もありません。 撮影ボックスから出して撮影してみました。 今までHUAWEIのスマホは側面にスロットがあったので、上にあるのは珍しいですね。 前モデルである「nova lite 2」と並べて、同じ検索画面を表示してみました。 もはやプロが撮影した様な美しい写真がいつでも誰でも、撮影可能となっているのが最大の特徴といえます。

>

【徹底レビュー】HUAWEI nova lite 3を買うのは失敗?実際に1ヶ月使ってみてわかったこと

特に音声通話用とデータ用のSIMカード、会社とプライベート用のSIMカードなど、2枚のSIMカードを同時に使える利点があります。 写真は基本4:3なので、普通の写真撮影を考えると実質これ一択です。 安くて防水・防塵機能も兼ね備えたスマホがほしい方は、Aquos sense3 basicがおすすめです。 本体に指紋がベタベタついてしまう…• 各部の名称 SIMトレーは3スロットではないので、microSDを使いたいならSIMは1枚だけです。 タグ Amazon ウェアラブル SoftBank SONY UQmobile Xiaomi Xperia Y! ショッピング• バッテリー持ちは良い方だと思います。 nova lite 3とnova lite 2で夜の街並みを撮影して比較してみましょう。

>

HUAWEI nova lite 3レビュー|コスパ最強スマホのスペックと価格

ボタンとポートについて 本体右側に電源ボタン(下)とサイドボタン(音量)を搭載しています。 カメラを起動して上部メニューにある「AI」というアイコンをタップするとAIカメラにすることができます。 nova lite 3は6. UQモバイルのSiMを使っています! 元々付いてた画面の保護フィルムは傷つきやすくすぐにガラスフィルムに張り替えました。 パノラマ• nova liteシリーズやPシリーズに搭載していたCPUプロセッサはしばらく性能向上していませんでしたが、nova lite 3のKirin 710は大きく性能が向上しました。 また、最近の流れであるUSB Type-Cではなく、Micro USBコネクターなのも残念なところ。 これは非常にお買い得です。

>

HUAWEI nova lite 3をレビュー!P20 liteと比較してみた

徒歩ナビで使用していて最もずれた状態がこの左の画像です。 スコアの目安はだいたい以下の通りです。 HUAWEI nova lite 3もその例に漏れず、本気度が惜しみなく注がれているモデルとなっています。 完全なるフラットではなく少しだけ出っ張りがありますがテーブルに置いて傾くほどではないです。 iPhoneの機種変もこれでスムーズ!• 8と明るいものにグレードアップしています。 nova lite 3のカラーモードでは細かく調整もできるので好みの色合いに調整してみてください。

>

HUAWEI nova lite 3+ 徹底レビュー|スペック、バッテリー持ちは?│スマホマホ

空を撮影するときはその時の天気も識別します。 ジェスチャー• しかし、nova lite 3ではナビゲーションキーの代わりにジェスチャー操作で戻るやアプリ履歴の表示といったことが可能です。 上部にはSIMカード、microSDカードが挿入可能です。 本体デザインの違いを比較 nova lite 3の樹脂(プラスチック)製の筐体が採用されていて3D湾曲デザインを採用することで手に馴染むスタイルを実現しています。 SSDは性能と信頼性が命• そのためカメラ操作が苦手な方でも、簡単に綺麗な写真を撮ることができます。

>

HUAWEI nova lite 3レビュー|2万円台でiPhone以上と感じた機能も

でも 2万円台のスマホとしては良い感じです。 DSDVに対応 低価格モデルでありながら、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応。 安っぽさの感じられない本体 2万円台のスマホでも、昨今はずいぶん完成度が向上しています。 さらにRAMの容量の3GBもお世辞にも高いとは言えませんが、操作性を考慮しても特に支障はありません。 そんな時は、以下の手順でノッチを消すことができます。 顔認証は顔を登録することで使うことができます。

>

HUAWEI nova lite 3レビュー|2万円台でiPhone以上と感じた機能も

保護フィルムも最初から貼ってあります。 これは前機種のnova lite3やP30 liteも同様です。 AIカメラの実力は? nova lite 3はAIカメラを搭載しています。 専用ケースはソフトタイプのシリコンケースです。 また、 インカメラにはアウトカメラと違い、セルフィーに特化したAI認識仕様となり、8パターンの背景を認識し被写体とのバランスをAIが判断し調整します。

>