ポンティアック ファイヤー バード トランザム。 1992 ポンティアック ファイヤーバード トランザム GTA

【ポンティアック・ファイヤーバード・トランザム】

だが1998年、4thカマロと同様にマイナーチェンジが行われフェイスリフトを敢行する。 総評 バブル時代に埋もれていた、アメ車のスポーツカーの典型だと確信しています。 いじりがいがあります。 乗り心地: 無• それまでの流麗なスポーツカー風のスタイルから一転、よりマッチョなマッスルカー的なスタイルへと変革(取材車)。 フランス• ポンティアックと言えば、例えばGTOやファイヤーバードといった旧車を思い浮かべる方が多いと思うが、筆者的にはフィエロやソルスティスといった近代的なスポーツカーが思いつく。 has-light-blue-background-color. 装備: 4• アメリカでから放送されたテレビドラマ、に、1982年モデルのトランザムをしたが、の名で登場している。 走行性能: 無• 航空機のような4連メーターが大好きでした。

>

ポンティアック ファイヤーバード (2代目 1970

BMW• 主なカスタムポイントは以下の通りです。 has-brown-background-color::before,. コルベットC5のV8 5. 車両全体を本気でリフレッシュしようと思ったら、100万円や150万円は軽くかかります。 プジョー• 4灯式にモディファイされ、通称「イーグルマスク」とも呼ばれた。 モデルには、から持ち越されたラム・エアーIII(345馬力、GTOの366馬力)とラム・エアーIV(370馬力、GTOの370馬力)の2種類のラム・エアー400エンジンが用意された。 エアクリーナーや触媒、消音器の点検や交換。 本国にはベースモデルに加えてフォーミュラ、トランザム、トランザムGTAの4モデルがラインナップされていたが、そのうち日本へ正規輸入されたのは5LのV8のトランザムとトランザムGTAのみ。 トランザムは15周年記念モデルと同スペックのWS6パッケージが標準化。

>

ポンティアック ファイヤーバード (2代目 1970

というか、そんなの関係なく、これは良いです。 <ガレージダイバン東京店> 住所:東京都江戸川区一之江8-4-5 TEL:03-5607-3344 営業時間:10:00~20:00 定休日:月曜日 が、その中古車をベースに、エンジン、ミッション、デフ、ブレーキ、パワステなどのオイルやエレメントを交換。 だが……。 たぶん、そのくらいの世代のクルマ好きが見たら、このトランザムはかなり目を引くと思います。 アウトビアンキ• 第三世代のファイヤーバードやカマロも、今や旧車にカテゴライズされるほどになりました。 その際のラムエアの「キーン」というサウンドの高まりも気分を高揚させるし、ハンドリングパッケージという事でロールも少なく、安定感の高い走りが味わえる。

>

ヤフオク!

同時に、トランザムはどれほど魅力的な車なんだろうかと興味が沸いたことも覚えています。 ダッジ• 画像はたぶん次世代モデルだけどイメージ的にこんな感じ。 乗り心地 無評価 軽量化のためにふにゃふにゃ、社外のサブフレームやアーム、タワーバーを組んでくと劇的に乗り心地が良くなり、ハンドリングが良くなる、チューニングがすごく楽しい素体でした。 タイヤ交換。 マツダ• 出典: マスタング Mustang とは、アメリカ合衆国の自動車メーカー、フォード・モーターが製造販売する乗用車である。 ちなみにGACKTさんが所有していたトランザムも第四世代で外観はすっきりしているものの、5. 純粋に「これを愛車にしたら楽しいだろうな」と思ったし、取材してる間中、筆者は「いいあなぁ」「これ欲しいなぁ」を連発してました(笑). 外装の板金塗装。

>

ポンティアックファイヤーバードトランザム 故障診断

また、エンジンはV6とV8が搭載可能であった。 おすすめ度: 4• マスタングはフォードのみならずアメリカを代表するスポーツカー(スポーティーカー)として途切れることなくモデルチェンジを重ねている。 でもどっこいしょ感は日本車にない乗り味だったな・・・。 単に古くなったパーツを新品に交換したり整備したりするだけでなく、趣味の良いモディファイまで施されています。 乗り心地 コーナリングで速度を出しすぎると、ケツが滑るので危険。

>

ポンティアック ファイヤーバード トランザム (3代目 1981

この影響でドア上部の屋根の部分のシートメタルが切れるんですよ。 走行性能 燃費はあまり考えないです。 それまでの直線的なボディから流線型のスタイルへと変化し、リトラクタブルヘッドライトを備えたそれは、マッスルカー的な存在からスポーツカーへの変身を予感させたのである(あくまでもスタイル的に)。 外観は、ウィング型リヤスポイラー、凸面形状のホイールキャップ等、空力を意識した装備を備えた反面、フェンダーフレアやエア・エクストラクタは小型化。 冷却水も交換。 の 『』の自機・LX-5のベース車両には第三世代トランザムがモデルにもなっている。

>