発酵 テーマ パーク。 飯能市に発酵食品のテーマパークがオープン!アクセス方法や駐車場・営業時間を紹介!

しまなみ海道『HAKKOパーク』発酵のテーマパークが楽しすぎた!!

主な4つの施設で発酵をアピール&健康に繋げる 出典:OH! 万田発酵が因島の本社前に、発酵をテーマにした「HAKKOパーク」をオープン。 主菜は大豆ミートボールにしました。 清涼感がありスッとした感じがする)など、 20種類以上の素材やスパイスなどをブレンドした発酵ドリンク。 発酵、熟成が織りなす季節の味わいを、是非ご賞味ください。 ここには、万田酵素を使って育てた野菜や果物が見られる畑や、 じゃぶじゃぶ池や、錦鯉が泳ぐ池、 じゃぶじゃぶしている子供たち 万田酵素で育った花や動物(ヤギ)なども。 飯能市飯能1333 TEL 042-975-7001 月曜定休. 美味いんならしょうがないか~。

>

飯能市に発酵食品のテーマパークがオープン!アクセス方法や駐車場・営業時間を紹介!

入場料:無料• お漬物は日替わりとのことで、今回はしょうがのお漬物やにんじん、キムチ、梅干しなどでした。 先ずは駐車場から歩いて目の前の建物「HAKKOゲート」から入場じゃ~! 下の写真の緑の文字は「manda」と書かれとるんじゃけど、アルファベットにするとオシャレじゃのう。 気付けば今年も残すところあと2ヶ月・・。 塩糀にしっかり漬け込んだ新潟県産地鶏はしっとり柔らかく、とってもジューシーです。 絶妙な味わいに「OH! 本社の敷地にHAKKOパークもある。 おっと、そこは食ったらいかんところじゃ。 適度な運動をするのにぴったりです。

>

ピックスルス『OH!健康・発酵』が埼玉県飯能市に2020年春オープン!

中でも糀ソフトクリームは人気なので、時間帯によっては売り切れ御免! な展開になってしまうかも……? 【3】ワークショップへの参加 OH! 5の強酸性になっているのです。 約6倍!! 鯉や金魚のおる池もあった。 首都圏にありながら奥武蔵の豊かな自然に恵まれた、飯能市。 ピーネデリプレート:1,300円• ただし、市民会館でイベントがあるときは利用者専用になるので注意が必要です。 当施設では、おいしくて健康になれる、そんな発酵食品の魅力にふれ、『これも発酵食品なんだ』『発酵すると食物はこんなにおいしくなるんだ』といった、驚きや感動を見つけていただきたいと思っています」 同施設内では、発酵食品を中心としたレストランやカフェ、発酵食品を手作りするワークショップなどを展開。

>

OH!!!とは

カフェ・セレクトショップ・ワークショップ施設が整っています。 8月下旬に訪ねた時には、一部まだ工事中でした。 「ドレッシングやデザートに用いる麹ソースをはじめ、調味料もすべて手作りにこだわっています。 厳選した発酵食品が揃う「八幡屋」 まず目に付くのが、中央に建つ大きなショッピング棟「八幡屋(やはたや)」です。 夏には屋上でビアガーデンも予定しています。 健康・発酵・in飯能 発酵・熟成・国産・無添加にこだわったお漬物やこだわりの発酵食品を揃える予定。

>

OH!!!とは

飯能市の隣、入間市の人気パン屋「PANJA」の商品を販売しています。 年賀状の季節となりました!なんと狭山市では2021年の狭山市ふるさと年賀はがきを販売します。 HAKKOパークでは、これらの内容を刷新!さらに、カフェやショップ・遊具などが併設された緑豊かなテーマパークに生まれ変わりました。 平日でも多くのお客さんで賑わっていました。 「HAKKOミュージアム」では世界の発酵食品や万田酵素の各種資料の展示。

>

飯能市に発酵食品のテーマパークがオープン!アクセス方法や駐車場・営業時間を紹介!

店内は大きな窓からは光が差し込み、木の温もりとともに明るい雰囲気。 写真:人気の店舗限定「生きた乳酸菌入り・やさい糀甘酒」 食の魔法を楽しむ発酵のテーマパーク 「 OH! 西武池袋線飯能駅で 国際興業バスに乗車。 ディナーはそれに加えて3種類、旬の食材を使ったコースがあります。 詳細はホームページで確認してください。 当然ながら、現在入り口は閉じられており、入ることはできません。

>