ナゲッツ 対 クリッパー ズ。 NBA2k20第2週

デンバーナゲッツ V/S ワシントンウィザーズ

チームの3点シュートは27本中12本(成功率44・4%)でこのうち7本を第4Qに集中。 メン・グ• スターター スターター 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール ポール ミルサップ ポール ミルサップ 終了 25 2 1 - 4 0 - 0 0 - 0 1 5 1 1 2 3 ウィルソン チャンドラー ウィルソン チャンドラー 終了 40 8 3 - 10 1 - 2 1 - 4 6 1 1 1 1 3 ニコラ ヨキッチ ニコラ ヨキッチ 捕 37 25 10 - 21 2 - 2 3 - 6 8 5 0 1 2 2 ジャマール マレー ジャマール マレー 試合数 36 25 8 - 20 4 - 4 5 - 12 6 3 2 1 2 2 ウィル バートン ウィル バートン 試合数 36 23 5 - 12 8 - 8 5 - 7 7 3 1 3 1 0 ベンチ 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール デビン ハリス デビン ハリス - 28 10 4 - 10 0 - 0 2 - 4 1 4 0 0 1 2 Torrey Craig Torrey Craig - 19 11 4 - 5 2 - 2 1 - 1 5 1 0 0 0 2 メーソン プラムリー メーソン プラムリー - 18 4 2 - 3 0 - 0 0 - 0 4 3 0 3 1 2 トレイ ライルズ トレイ ライルズ DNP マリック ビーズリー マリック ビーズリー DNP ケネス フェリード ケネス フェリード DNP ダレル アルトゥール ダレル アルトゥール DNP リチャード ジェフェルソン リチャード ジェフェルソン DNP スターター スターター 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール マーキーフ モリス マーキーフ モリス 終了 36 17 6 - 15 4 - 4 1 - 4 8 5 2 1 3 4 オットー ポーター オットー ポーター 終了 32 13 5 - 11 0 - 0 3 - 6 6 2 0 0 1 3 マルチン ゴータット マルチン ゴータット 捕 27 11 4 - 4 3 - 4 0 - 0 7 3 0 0 1 2 トーマス サトランスキー トーマス サトランスキー 試合数 26 7 3 - 6 0 - 0 1 - 1 4 6 0 0 2 1 ブラッドレー ビール ブラッドレー ビール 試合数 40 24 9 - 18 0 - 0 6 - 9 4 5 0 0 4 2 ベンチ 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール ケリー ウーブレ ケリー ウーブレ - 27 15 5 - 11 2 - 4 3 - 6 5 2 1 1 1 5 ラモン セッションズ ラモン セッションズ - 16 5 2 - 4 1 - 2 0 - 0 2 4 0 0 0 0 イアン マヒンミ イアン マヒンミ - 13 8 4 - 7 0 - 0 0 - 0 5 1 0 0 4 4 マイク スコット マイク スコット - 12 0 0 - 3 0 - 0 0 - 1 4 0 0 0 1 0 ジョディー ミークス ジョディー ミークス - 10 0 0 - 1 0 - 0 0 - 1 1 0 0 0 0 0 ティム フレイジャー ティム フレイジャー DNP ジェイソン スミス ジェイソン スミス DNP. 次週はマジック、ニックス、なんで2勝1敗でいきたいところです。 オーズ・ズ• デンバー・ナゲッツ [ ] プロバスケ界の寵児 [ ] 1975年に大学を卒業したトンプソンに2つのプロリーグ、とが同時に彼を指名した。 バレアが出場時間への不満を口にするなど必ずしもチームが一枚岩であるとは言い難い状況です。 646 1回戦敗退 3, ブレイザーズ 1 1988-89 39 43. ウト ト ロケッツ 6-1 6-0 5-1 ネッツ 6-1 5-1 4-2 5-2 4-2 ズ 5-2 ホークス 3-2 ウォリアーズ 5-2 4-4 4-2 ブルズ 3-4 サンダー 4-2 バックス 3-4 3-3 2-4 ティンバーウルブズ 3-3 マジック 2-4 キングス 3-4 ニックス 2-5 スパーズ 2-4 ス 1-4 ジャズ 2-5 ホーネッツ 1-5 サンズ 1-6 ヒート 1-5 ズ 1-6 ウィザーズ 0-6 どうした?(笑) ルーキーのモラントがそれほどの選手なのか、そもそもディフェンスのいいチームだからなのかは分からんけど謎のスタート。 : 2013-• に目覚めたトンプソンは以後薬物を一切断って社会復帰に成功。 :2008-2015• 、、、、、などを相手に激しいカンファレンス首位争いを繰り広げていたが、シーズン終盤にを重傷で失速。

>

NBA2k20第2週

585 1回戦敗退 3, ブレイザーズ 2 1984-85 42 40. 初戦から3連敗を喫し第4戦で1勝はしたが、スパーズにチーム層の厚さ、経験の豊富さの違いを見せつけられ敗退した。 デイト・ズ• ( :1998-2005• 2003-04シーズンには21年続いていたプレイオフ連続出場記録も途絶え、以降は勝率5割以下の低迷期に入った。 背番号『33』はの 関連書籍 [ ]• 2013-14シーズン [ ] リラードとオルドリッジを中心として、センター補強の、バックコート補強のが功を奏し、シーズン序盤から快進撃を続け、 2010-11シーズン以来のプレーオフ進出を果たした。 59勝23敗の結果を残した1989-90シーズン、ブレイザーズはNBAファイナルに進出したが、に1勝4敗で敗退した。 最終的にはガービンの平均27. :1997-2000• シーズン途中に獲得したの活躍もあり前年と同じカンファレンス3位でプレーオフに進出。

>

NBAチーム紹介

。 ト・ウォーズ• まだ30歳を迎える前だったトンプソンはオフにはデンバーの施設に入り完全復活を目指したが、彼がかつての勇姿を取り戻すことはなかった。 比較的優良なフランチャイズだったデンバー・ナゲッツは生き残り、新たにNBAに加盟するという形で生き残ったが、その際にナゲッツは莫大な加盟料を支払わされ、またルールも環境も違うNBAではナゲッツは苦戦を強いられるであろうと予想された。 メント・ス 関連動画. :2010-2015• 当時は薬物に対する抵抗感が低く、また薬物が健康に与える害も殆ど認知されていなかった。 549 1回戦敗退 2, ブレイザーズ 1 1979-80 38 44. また、今では止されたが、~2まではディフェンスが禁止されており、ディフェンスはマンツーマンに限られていた。 終了後、ナゲッツはついにトンプソンの放出を決意。 さらにオールスターゲームでは29得点 8リバウンドをあげてルーキーにしてオールスターMVPに輝いている。

>

NBA2k20第2週

4月9日のレギュラーシーズン最終戦直前の段階でガービンに僅かに遅れをとり、得点王ランキング2位だったトンプソンは、その最終戦で73得点と爆発。 646 1回戦勝利 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝敗退 ブレイザーズ 4, 1 ブレイザーズ 4, 3 4, ブレイザーズ 0 35 39. ABA新人王 (1976)• :1999-2001 2000年代 プレイオフ進出:4回• にはMVPを受賞するなど未だトップレベルで活躍していたが、には足首の損傷でシーズンの大半を欠場。 :2001-2007• 大学時代• そんな中で、という優勝候補のチームとの2連戦という早くも訪れた試練。 その後チームに復帰し1993年まで若手育成のためのコーディネーターを務めた。 1996年にはを果たし、背番号『33』はプロキャリアの大半を過ごしたのとなっている。 : 2003-2010• 当時のカレッジバスケ界は名将率いるがNCAAトーナメント七連覇を達成するなど圧倒的な強さを誇っていたが、ノースカロライナ州立大はそのUCLAとトーナメント準決勝で対決。 ABAオールスターMVP (1976)• しかし2017年に入り調子を取り戻し、2月のトレード期限日には再契約交渉が決裂したをプレーオフ争いを繰り広げていたに放出し、を獲得。

>

NBA2k20第2週

デイヴィッド・トンプソン(David Thompson、 - )はの元選手。 659 1回戦勝利 カンファレンス準決勝敗退 2, ブレイザーズ 4 4, ブレイザーズ 1 51 31. 610 1回戦敗退 4, ブレイザーズ 3 2003-04 41 41. 598 1回戦勝利 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝勝利 優勝 ブレイザーズ 2, 1 ブレイザーズ 4, 2 ブレイザーズ 4, 0 ブレイザーズ 4, 2 1977-78 58 24. それはキャブス戦でも同じで、トリスタントンプソンに18リバウンド(うちオフェンスが10)ラリーナンスJr. またこのオールスターでは初めてが開催され彼は空中で360度ターンするダンクを見せて 決勝まで進みトンプソンとABAの大スター、とで争われたが、アービングのレーンアップ(フリースローラインから踏み切ってのダンク)の前に初代スラムダンク王の座は逃している。 ・キャズ• 対(H) 130-108 W オフの大型トレードで史上屈指のPFであるA. 賞 (1975)• なお、の得点リーグ1位はやはり元ABAのだったが、プロ3年目のにトンプソンはそのスパーズのエース、と激しい得点王争いを演じる。 彼はとにかく誰よりも高く宙に舞った。 開幕から高得点を連発しリラードと共にチームを牽引。

>

NBA2k20 マイGM#2

第2週目のまとめ には惜敗したもののとに勝利し通算成績は5勝1敗と以前調子はいい感じ。 1992年11月にデンバー・ナゲッツは彼の背番号33番を永久欠番とするセレモニーを行った。 はシーズン通して好調を維持した結果、2002-03シーズン以来のプレーオフ出場を遂げた。 当時のNCAAの規定により大学1年時は公式試合に出場できなかったが、大学2年生、1972-73シーズンからいよいよトンプソンの快進撃が始まった。 その時に出た記録が42インチ(約107cm)で、ギネス記録に認定された。 720 1回戦勝利 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝勝利 敗退 ブレイザーズ 3, 0 ブレイザーズ 4, 3 ブレイザーズ 4, 2 4, ブレイザーズ 1 1990-91 63 19. トンプソンはこのシーズン、チームを27戦全勝に導き 、1973-74シーズンは全米ランキング1位となった。

>

NBAチーム紹介

NBAのはでトンプソンを全体1位指名し、ABAからはが彼を指名したが、スクワイアーズととの1対5の大型トレードによりナゲッツがトンプソンの権利を獲得した。 その後ノースカロライナ州立大はも勝ち抜いていくが、ランキング4位のメリーランド州立大がNCAAトーナメント本戦に出られないという事態となったため、後にトーナメントの出場枠拡大に繋がっている。 : 2012-2013• しかし第1Qの開始38秒から第4Qの4分54秒までの40分16秒間もリードしながら、最後の最後で試合をひっくり返された。 : 2000-2004• ただまあ3試合ともリバウンドで当たり前のように負けてるのが本当にね。 優勝こそならなかったもののナゲッツにとっては大成功の1年となったが、この頃にはABAは経営難で瀕死状態となっており、このシーズンも解散に追い込まれるチームが続出。 成績も申し分なく、1年目から平均26. この日の大量得点でトンプソンはついにガービンをかわして得点ランキング1位に躍り出るが、ガービンも黙っておらず、同日に行われたスパーズのレギュラーシーズン最終戦で63得点をあげて再逆転。

>